So-net無料ブログ作成

魔法にかけられて [映画日記]

久々にディズニー映画を拝見ってことで、
「魔法にかけられて」を見てきました。

mahou.jpg

子供向き映画だろうなと思っていたのですが、
映画館はカップル率高し[揺れるハート]
なに?そっち向き映画なの!?
まあ、いいけど。

物語は
『おとぎの国(アニメの世界)に暮らすプリンセス・ジゼルが、王子様との結婚式の日に
意地悪な女王の策略で、現実の世界、現代のニューヨークに追放されてしまう』
ところから始まります。

アニメの世界から実写へ変わっていくオープニングに、
ドキドキです。

おとぎの国の世界では、『プリンセスは王子様と結婚してハッピーエンド』というのが、
昔からの決まりきったストーリー。
シンデレラも白雪姫もみーんなそう。
お約束ですよね。
プリンセス・ジゼルもその従来通りのプリンセス人生を歩むはずだったのだけれども、
夢にまでみた王子様との結婚を目前に、複雑な現実の世界へ突然放り込まれてしまいます。
従来のディズニー映画ならば、
「元の世界へ無事に戻って、王子様と結婚できるのか!?」というのが、
物語の結末でのカギだったはず。

しかしこの物語が違うのはここから。
そういう話の流れとなるのが筋かと思いきや、
ジゼルは弁護士のロバートと出逢い、王子様以外の男性にココロを魅かれ、
「真に人を愛するということ」について考え始めます。
そして、決められたレール(筋書き)へ戻るのではなく、自ら新しい道を歩む事を選択します。
それが「真実の愛」なのかどうなのか、私には分かりませんが、
それもまた1つのハッピーエンドの形ではありますね。

ジゼルが自らおとぎの国を出ることを選ぶってところが、
現代女性の生き方を表している気がしますね。
結婚だけが幸せじゃないって、、、、までは拡大解釈しすぎかもしれないけれど、
決められた固定概念とか時代思想なんかじゃなくて、
自分で選んで自分の人生を歩むみたいな、
そんな女性像なのかもなって思わせるところが、
ディズニー映画にしては、やけに大人っぽくって、
「ああ、単なる子供向け映画じゃないんだな」って思いました。

その上、最後はドラゴンにさらわれたロバートを助けるため、
ジゼルは剣を手に取り、助けにまで行きますから。
与えられるだけの「永遠の幸せ」なんかより、
自分で何かをつかみ取ることを選んだプリンセスってことよね。
それって、正に現代の自立した女性像って感じ。

何かの歌に「夢見る少女じゃいられな~い♪」なんてあったけど、
女の子の憧れであった白馬に乗った王子様を待つプリンセスも、
時代の流れか、自立型の強いプリンセスに転換せざるを得なかったってことかな。

また、王子様もね。
おとぎの国では勇敢に映る姿なのかもしれないけれど、
現代のニューヨークでは、その姿は滑稽に映るばかりで、
皮肉さたっぷりな気がして、笑えます。
「白馬に乗った王子」なんて所詮そんなものよ~ってね。


でもまぁ、一方ではプリンセスは王子様と結ばれる、、、
プリンセスはそうであってほしいと思う気持ちもあるんですけどね。


もちろん、こんな堅苦しいコトが前面にある訳ではないので、あしからず。

そこは世界のディズニーですから。
ミュージカルよろしく、歌あり踊りありと華やかに画面を彩り、
衣装や小道具もきれいです。

ディズニーの感心するところは、やはりキャラ作り。
魅力的に動物達をキャラクター化して登場させますよね。

今回はリスのピップ。
risu.jpg

動きといい、表情といい、
ホントにかわいい。
私は王子様ソッチノケで魅了されまくりでした(笑)

そうそう。
忘れちゃいけない王子様などのキャスト陣。
弁護士ロバート役の役者さんは見たことがあるなーと思っていたら、
海外ドラマ『グレイズアナトミー』に出てるパトリック・デンプシーでした。
だから見たことあるんだった。
彼は甘いマスクで、ちょっと好き。

また、エドワード王子様役のジェームズ・マースデンも、
「見たことあるぞ」と思っていたら、
「ヘアスプレー」に出演してたんでした。
もっというと、「X-メン」にも出てたし、
もっともっと言えば、海外ドラマ「アリーマイラブ」ラストシーズンに、若い弁護士役で出てたっけ。

はは~ん、びみょーに見たことある人達ばっかり。

まあ、個人的な趣味を言わせてもらうなら、
私も王子様よりはロバートを選ぶかな(笑)
王子様・・・あんまり趣味じゃないし。

まあ、そんな訳で、
子供向け映画かと思っていたら、
意外と大人路線の皮肉入りラブストーリー調映画な上に、
ディズニーお得意の可愛さ華やかさを持って、
その皮肉さをやんわりと包んでいて、
色々と楽しめる映画でした。

さすが、世界のディズニー。
侮れません。

@@@@@

『今日の春

080318_1534.jpg
やっぱりイチゴは、春の代名詞でしょー。
濃厚イチゴでした。

ちなみに背景は、勤務中ひまつぶしで描いたイタズラガキ。


2008-03-18 14:11  nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]